読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

来客トレーニング@はやままさん その壱

10月のとある吉日。
はやままさん(チャーリー組 黒柴はやてくんのママ)が、
はるばるペコ家に来てくれました〜〜!わ〜いヽ(^o^)丿

実は、前日京都でお仕事があり、
その帰りにわざわざ立ち寄って下さったのです。
立ち寄るって距離じゃないですよ^^;
すっごい寄り道です。

そんなすごい寄り道をして、来て下さったのは、
ペコ家で「来客トレーニング」をするため。であります!!

まぁなんでしょうね。
チャーリーママさんの元でお勉強しているお仲間さんたちは、
わが仔のことだけじゃなく、みんなの仔を一緒に育ててくれてるような気がします。
もちろん、飼い主のことも。

はやままさんと会うのは、これが3回目です。

一回目は小田原散トレ参加の記録6〜2日目参加者さんのご紹介〜

二回目は千葉座学


まだ、会うのは「3度目まして」なのに、
もうずっと前からの友人のような・・・。


美しいお顔を隠してしまうのが、とても残念なはやままさんと、
若干イナバウアー気味のペコ父^^;


ペコ家には普段から、あまり来客がありません。
ペコがいるから、「招待しない」っていうのもありますが、
断れない来客もあります。
たとえば、子供たちの友達とか、保険屋さんとか、車の契約とか・・・^^;
そんな時は、抱っこしたり、リードをつけて、窓際や階段の手すりに係留していました。
もちろん激吠えなんですがね。

これを、リードなしだったらどうなるのか・・・。
そんな危険(汗)なチャレンジを快く引き受けてくれるのは、
チャーリー組さんだからこそ。(多謝)

で、来客トレにあたり、はやままさんとは前もって打ち合わせしました。
・・・と言っても、ほとんどはやままさんが色々考えて下さったのですが^^;


はやままさんは、本家ブログの記事をあれこれ探して、
二つの記事を紹介してくれました。


私は社会化のドッグトレーナーより

先入観と思いこみと(誤った)情報の過多(2009年05月04日)

自分で近づけるように(2012年01月06日)


ふたつの記事を読むとわかりますが、
吠えていても、犬を見ない。そっぽを向く。動かない。
犬に観察させる。自ら近づいて、匂いをかがせる・・・などなど。


そうなんです。
手を出さなければ、いきなり咬みつくことはない。
・・・ハズなんです。


お散歩で出会う人の中でも、近づいてくる人がいますが、
「手を出さないで」というお願いをきいてくれて、
ペコが自分から近寄って、匂いを嗅いで確認できれば、
いきなり攻撃することはないんです。


でも、それが自分の家(テリトリー)となると、
はたしてどうなるのか、私にもわかりません。



はやままさんを駅に迎えに行き、先に私が家に入りました。
チャイムを慣らすところから。です。


いつも宅急便や、ご近所さんが「ピンポン」すると、
吠えて「お知らせ」してくれます。

なるべく慌てたり、バタバタせず、
「ペコちゃん、教えてくれてありがとう。」と声をかけ、
ゆっくり玄関に出て、対応していると、
まもなく吠えやむことができます。

でも、今日はそのまま家に上がるんだよね・・・。ドキドキ。



「ピンポ〜ン♪」


ペコはいつものように吠えてお知らせ。
私が玄関に出て、はやままさんが入ります。

玄関とリビングの間には、引き戸があります。
その引き戸を閉めてしまえば、しばらくして吠えやむのですが、
この引き戸を開けたまま、ペコにインターセプトを試みました。
ところが、いつもと違う状況に興奮MAXなペコさん。

玄関から上がったはやままさんに激吠えしながら突撃!!\(◎o◎)/



これ、怖いですよ。
ひとごとみたいに言ってますが、
よそのワンコさんだったら、私、怖いと思います。


はやままさん、胸の前で両腕をクロスして、
そっぽを向いて石像してます。

ペコは、ガウガウ吠えてはやままさんを威嚇します。


はやままさん、さすがチャーリー組です。
全く動じることなく、目線をクイっと上に向けました。



チャーリーママさんだ!!



そこにいる石像は、チャーリーママさんそのものだったのです。