読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

家族になるまで

ブログを始める前の様子、というか、もっと小さい頃。
家に来てから、チャーリーママさんに出会うまでのペコの様子や、
出会ってからの変化を、記録にしておこうと思います。


我が家に来てすぐ。2か月です。
ほとんどケージに入れていました。
ペットショップでは、2週間はケージから出さないように言われていました。
その掟(笑)を破り、ケージから出すと、走り回って大変でした^^;


ケージの中のトイレが寝床になり^^;
トイレの外でオシッコしてしまうので、奥の方にもシートを敷いています。
しかも、それをビリビリに破くので、バーベキュー用の網を被せたりして(笑)
CIMG7587.jpg


その後、狭いケージじゃ、あまりに可哀そう・・だと思い、
手作りのスノコと、テーブルを立てかけて、
簡易サークル(笑)を作りました。

おチビさん。何を思っているのかね。
CIMG7564.jpg


サークルから出すと、興奮して暴れまわって大変なことになるので、
遊ぶ時も、このサークルに入って遊んでいました。
けれども、遊ぶと言っても、サークルに入ると、ガブガブ攻撃(笑)受けるので、
正直、あまり入りたくありませんでした^^;
CIMG7602.jpg



3か月の終わり頃。
この頃から、チャーリーママさんのメールカウンセリングを受け始め、
ペコ父が仰向け抱っこに挑戦した時期もありました。
でもね、挫折したんです^^;
こんな、おチビさんですが、暴れて、噛んで、怖かったんです。
まぁ、今となっては、笑い話ですけれど。
CIMG7678.jpg


サークルに入って、ガブガブされても、
反応を返さないように、そっと腰かけていると、
少し落ち着くこともできるようになってきました。
そんな時は、嬉しくて、このまま時が止まってほしい・・・なんて思いました。
CIMG7743.jpg

犬を迎えた時に一番大切なこと(私は社会化のドッグトレーナー)


ママさんのメールカウンセリングを受けるようになって、
だんだんとペコとの距離が近づいてきました。

ペコが変わったというよりも、
飼い主の私たちが、劇的に変わったのです。



子犬だから、大変なのは、当たり前。
これは正しく成長している証拠。

この言葉を聞いて、安心し、そして希望が湧きました。





初めて海に連れていった時。ペコさん5か月です。
表情も少し和らいできてるかな。
リードが3メートルリードに変わっています。
1202031003.jpg


興奮すると、尻尾を追ってグルグル回ってました(笑)
1202031004.jpg


みんながイカ焼きを食べたのに、お母さんがくれたのが、
いつものおやつだったので、怒って文句言ってます(笑)
1202031002.jpg




7〜9か月頃です。
ちゃんとしたサークルを購入してます(笑)
日中、サークルの扉は閉めていて、食事が終わってから、
寝るまでの間に、フリーの練習をしていました。
スイッチが入ると家族に噛みついてきたので、
初めのうちはリードを付けていましたが、
スイッチの対応にもだいぶ慣れてきたので、
リードを外したものの、突発的なスイッチへのために、
ハーネスは常に着用。


長男が、ご飯を手から食べさせてくれています。
1202031007.jpg


フリーにしていると、こうやってガブガブは、相変わらず(笑)
1202031008.jpg


ソファも噛んで中身を出しちゃうので、カバーをかけてガードしてます。
楽しくてガオーーっ!!
1202031009.jpg


次男に向けてスイッチが入り、お母さんに止められました(笑)
この時、次男が笑顔なんですよね。
家族も徐々に慣れてきています。
1202031010.jpg


やっぱりみんなと一緒だと、楽しいんだよね。
1202031006.jpg


ペコ父も、抱っこは得意になりました。
1202031005.jpg


少しずつ家族になってきているかな。
1202031011.jpg


この辺りから以降は、ブログにも記録しています。




そして、現在2歳9カ月。
今思えば、ものすごく大変だった時期って、
あっという間にも思えます。

家に迎え、チャーリーママさんに出会うまで。
まだあんなにおチビさんだったのにね。
興奮で走り回り、噛みついてくる事に困り果て、
本やネットで見た「天罰」をして驚かせたりしていました。

次男がヨーヨーをしていると、ペコが静かになる。という事を発見したペコ父は、
ケージの中でキャンキャン鳴くペコのそばで、
「こうすると大人しくなるんだっ!!ペコ!!ペコ!!」と怒鳴りながら、
ヨーヨーをシャーシャーと振り続けたり^^;



ペコの不安な気持ちなど、全く想像できなかったんです。



今、もし渦中にいて困っている人が、
たとえ、天罰や、叱りをしていても、私には、責める事などできません。


だって、知らないんですから。


でも、知ってほしい。
それは、間違っているという事を。


ワンコは家族になろうと、一生懸命頑張ってるんだ。という事。



あの頃の事を覚えているのかどうなのか、
それはペコに聞いてみないとわかりませんが。

我が家に来てくれて、家族になってくれて、ありがとう。
いつも、いつでも、そう伝えたい。
1202031001.jpg