読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

「取り組まなきゃ症候群」から抜けだそう!

先日の朝んぽです。

サラダバーを堪能するペコさん^^;


さぁ、そろそろ行こうよ!ペコちゃん♪


ハァ?(`Д´)
13030302.jpg



あぁ、もうちょっとね^^;
どうぞ、どうぞ。


まぁ、いつもこんな風に譲ってばかりではなく、、
時間がない時なんかは、強制的(笑)に退去して頂きますけれどもね。

それは、もちろんリードをグイグイ引っ張るようなやり方ではなく、
名前を呼んで、おやつをポ〜ンと投げてみたり、
私が草むらにワシワシ入って行って、食べているところに立ちはだかって、
「さぁ、もうおしまいにしてね♪」という意味の、
インターセプトをしてみたりします。


そんな感じで日々お散歩を楽しんでいるペコと私なのですが。


ここ数日、お天気が良く、暖かい日があると、
ペコの苦手なガキンチョも、外に繰り出してきます^^;


以前、チビッコ対策(2013年02月03日記事)でも書きましたが、
あれ以来、遠くにガキンチョが見えるやいなや、アテンションを取って、
ガウらずにスルーする事ができるようになってきました。

よしよし!いい感じ♪と思っていたのですが・・・。



ガキンチョよりもっと小さい、ヨチヨチ歩きのお子さん。

これが難しい・・・・(T_T)


一昨日の夕方、小川の脇の堤防(幅1.5Mくらい)を歩いていると、
前方から、足取りのおぼつかないお爺さんと、
これまた足取りのおぼつかないヨチヨチちゃんが、
時折手をつないだり、離れたりしながら、こちらに向かって歩いてきました。


見えるやいなや、アテンションを取っていたのですが、
ヨチヨチちゃん、どんどんこちらに向かってきます。

1.5M幅なので、回避しようにも場所がなく、
向かってくる方と反対側に寄っても、
またヨチヨチこっちに来ちゃう^^;

小さな子なので、ここでペコがガウガウして、
驚いて転んでしまったり、手をのばされたら危険です。

考えた末に・・・


すかさずペコを抱っこして、
お爺さんとヨチヨチちゃんには、「こんにちは♪バイバイね^^;」と言いながら、
そのまま通り過ぎました。


抱っこされたペコさん。
私の顔をペロっと舐めて、ガウガウ吠えることもなく。
通り過ぎた所で地面に降ろすと、二人の姿を見送る余裕さえ感じられました。


これもアリ?
いいんジャマイカ?


その場では、そう思ったんですよね。

危機を回避できて良かった。と。


でも、家に帰ってから、「あれで良かったのか?」
「アテンションしたままスルーできたんじゃないのか?」

色々考えちゃいましてね^^;



どうしても日々取り組んでいると、
苦手な事を克服したい。とか、逃げちゃいけない。とか、
そういう心理が湧いてきちゃうんですね。


そういうモヤモヤした気持ちの時って、
同じような事が重なるものでして^^;

昨日もまた別の道で、ヨチヨチちゃんに遭遇したんです。

今度は赤ちゃんをおんぶ&補助輪付の自転車に乗ったチビッコを横につけ、ヨチヨチを歩かせる若いお母さん!

お母さんにはヨチヨチちゃんの手を引く余裕は無さそうです。
ノーリードの(笑)ヨチヨチちゃんは、
「ワンワン♪」と言いながら、ペコに近づいて来ます。

前日の事でモヤモヤしていた私は、
一旦スルーを試みるものの、ヨチヨチちゃんが全く恐れる事なく近づいてくる事に危険を感じ、ガウガウ一歩手前で抱っこしました。


ペコさん、また私の顔をペロリ^^;


あぁ、また抱っこで回避しちゃったよ・・・orz

私ったら、2日連続の抱っこ回避に、落ち込んでしまいました。
私にはね「スルー失敗」としか思えなかったんです。



気落ちしている私に、本日のママさんのブログ・・・。
私へのメッセージかと思うような記事でした。


無理を見極め支え続ける私は社会化のドッグトレーナー2013年03月08日



ペコの中では、チビッコというのは、
「人」というカテゴリーとは別の何かに位置付けられているような気がするんです。

ガン見しながら近づいてきて、突然走り回ったり、
時には奇声を発したり^^;


だから、ニガテなワンコさんと出会う時とは、
違った様子に見えるんです。


目が泳ぎます。


怖くて仕方ないよ。って。


今までは、「大丈夫♪」「どーって事ないよ♪」ってスルーさせて、
それで自信をつけさせよう!成功体験を増やそう!って躍起になっていたんです。私。


それはもちろん必要だけど、
ペコの怖い気持ちに寄り添ってなかったのかもな。って思いました。


抱っこをすると、逃げる事になるんじゃないか?
自信を失くしちゃうんじゃないか?



「無理」を見極める私は社会化のドッグトレーナー2011年05月01日

犬を抱っこすることはNGでしょうか私は社会化のドッグトレーナー2011年10月14日



そうじゃないんだったよね。



まだまだ引き出しの数が少ないから、
とっさに抱っこして回避する事もあるけれど、
それを悲観的に考える事なんて、全然ないんだよなぁ。


挑戦させたい。
成功体験を増やしたい。


いつの間にか、「取り組みが目的」になっていたんジャマイカ?



おかーさん。
そんなにはしってだいじょうぶー?
13030801.jpg



よし!自信を持って、抱っこしよう!
そう思い出かけた本日の夕んぽ。

驚いたことに、前日までとペコの様子が心なしか違っていました。
時々私を振り返っては、ニッコリ♪

道路の反対側を歩いてくるガキンチョの事を、
ペコは時々気にしながらも、「これでいいよね?」とでも言ってるように、
ずっと私を見ながら歩くんです。



もしや、この2日間、怖い「ヨチヨチ」ちゃんから抱っこして守ったから、
私の事を認めてくれた??


なぁんてね^^
いつもの事で、「たまたま」だとは思いますがね(笑)


けれども、今日のペコを見て思いました。


取り組み、取り組み!!と気合入れるばかりじゃなく、
ペコの目線で、共感し、支え、守り、励まして、時々ちょっとチャレンジしてみる。
自分よ、もっと柔らか頭になってもいいんジャマイカ♪ヽ(^o^)丿