読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

学ぶ理由を考えてみた。ざっくり。

先日行われた、チャーリードッグスクール お散歩トレーニングの余韻が未だに冷めやらぬ、今日この頃です。

第2回は、10月20日(日)と決定しておりまして、この夏の間に、ますます(ゆるゆる)自主トレに励み、チャーリーママ先生に、成長したペコと私を見て頂きたいなぁ!と思っております^^

その前に、座学の方も、決定いたしました。

9月29日(日)です!
詳細はこちらへ→福井座学のお知らせ(私は社会化のドッグトレーナー)

犬と共に幸せに暮らすために、まずは、人が学ぼう!
今何か問題を抱えていて、渦中にいる方はもちろんですが、
今、特に問題はないけれど、これから過ごす犬との暮らしで、
今後起こるかもしれない様々な変化や、避けては通れない老い・・・
何が起きても、不安なく、自信を持って立ち向かえるように、
「飼い主力」をつけましょう。

最後の一瞬まで、「私はこの犬と一緒に頑張った」と、
胸を張って言える飼い主でいたいから。




そもそも、どうして、私は、チャーリードッグスクールで学ぶのかな?


「噛み」に困って、なんとかしたい。
しかも、叱りや体罰のない方法で。というのがきっかけでした。
そして、たどりついたところが、チャーリードッグスクールでした。

そこには、何があったのか?


犬の「しつけ」で、真っ先に思い浮かぶことって、なんでしょう?
飼い主の前を歩かず、横についてお行儀よく歩いたり、
飼い主に忠実で、しっかり指示に従ったり、
無駄吠えをせず、犬にも人にも、フレンドリーであること・・・etc


チャーリーママさんは、そんな事は、二の次なんですね(笑)

犬を変えようとしたり、犬にばかり求めるのではなく、まずは飼い主力をつけよう!

そのために、犬に信頼、信用される飼い主になろう。
叱って殴って・・・犬はその時だけは、怖くて指示に従うかもしれません。
けれども、犬からの信頼や、信用は、得られることはないでしょう。
そんな生活って、犬にも人にも、楽しいのかな?幸せなのかな?
私はイヤだなぁ・・・。


犬は犬同士に任せておけばいいのよ♪
自分で乗り越えなくちゃ!


ん?そうなのかな?


人の子供だったら、そうなのかもしれない。
いつかは、自分で稼いで、親の助けを借りずに生きていかなければならない。
だから、3歳になると、幼稚園に入れられる(笑)

大自然に生きる動物も、そうかもしれない。
生きるために、命をかけて獲物を獲らなくちゃならない。
動物の親は、厳しいよね。
巣から追い出したりするんだもの(笑)


けれど、犬は違う。


もちろん、同じ種である犬同士の交流も、犬にとっては必要なのかもしれないけれど、
犬は、終生、人と共に生きるんだから、飼い主や人への信頼関係が一番重要なんだと思う。


ペコの感情を一から十まで読み取る事はできないけれど、
読み取れるように、努力したいし、
私の指示には、喜んで、楽しんで従ってほしい。
「お母さん!了解♪」ってな具合に^^


そういう関係ができてくれば、
たとえ、苦手な状況に出会っても、
「お母さんと一緒なら、大丈夫!」って思ってくれるんジャマイカ?


そして、そんな関係づくりのためには、どうすればいいのかな?

それを、チャーリードッグスクールで学んでいるのです。



おやつで釣られてるんじゃないよ!!
みんな、お母さん、お父さんが大好きなんだよ(*^_^*)
ワンコの表情を見れば、わかりますよね^^

DSC_0003_20130608150141.jpg



DSC_0155.jpg


DSC_0065.jpg



DSC_0297.jpg



DSC_0276.jpg



DSC_0325.jpg


DSC_0363.jpg


DSC_0354.jpg



DSC_0367.jpg


犬の中に、まずは飼い主への信頼や、安心が土台にしっかりと作られて、
そこから、自信を持って色んなことにチャレンジしていけるんジャマイカ?


吠える、噛む、唸る、拾い食いに、突進・・・
すべては犬にとってはごく当たり前なこと。


この、当たり前なこと。だということを、
まず理解できれば、困った問題も、別の視点で考える事ができる。

吠えは、犬にとっては、大切な言葉。
無駄な吠えなんて、言わないで(笑)
けど、吠えすぎるのは、身体に悪いし、正直、ウルサイ(笑)

君が吠える意味は、了解した。
だから、もう吠え止もうジャマイカ♪

おかあさん、わかってくれた?じゃ、もう吠えなくていいね♪



まぁ、すごく例えもアレですけど^^;←アレって何よ^^;
私的には、ざっくりと、こういう考えに基づいた、学びだと思っています。




きゃー!
先生に叱られそうだわ^^;←※私たちの先生は、決して叱りません(笑)
もっと色々、理論的な深いものが沢山あるのにーーっ!!
それは、追々、書きますよ!書きます!^^;