読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

小さな要求を叶えたい

延期となった福井散トレを予定している日曜日の天気予報が怪しくて、
毎日、毎日、数時間ごとに天気予報をチェックしているワタクシです^^;

神様、多少雨が降ってもいいので←え?^^;
どうか散トレの時間だけは外して下さいませm(__)m


そんなこんなで、なんとなく落ち着きませんが^^;


先日、塾から帰った次男が、ひとりで遅い晩御飯を食べていました。
ペコはテーブルが気になって仕方がない様子。

私と違って、普段次男は食べ物を食べる時にペコが寄ってきても、
まるでいないかのように徹底して黙々と食べることができます。

そのため、ペコは次男が何か食べていても、
自分とは関係ないかのように、いつも寄ってくる事はありません。

私はそれが徹底できていないので^^;
私が何か食べ始めると、そばに寄ってきます^^;
ダメじゃん、私^^;

それは、さておき・・・←さておいていいのか? ( ̄▽ ̄)


さておき、話を戻しまして ( ̄▽ ̄)



次男がひとり晩御飯を食べていた時、
テーブルが気になって仕方がないペコ。

どうも、何か落ちてくるかと待ち構えているわけでも、
次男が何かくれるのを期待しているわけでもないように感じました。


「抱っこして、見せてあげようか?」


そう声をかけると、ペコは私のそばに寄ってきて、
ペロっと手を舐めて、抱かれやすい体勢になりました。


抱っこしてイスに座ったら、テーブルの上が見えて、
ペコはそれだけで、すっかり満足しているように思いました。

何か欲しかったわけじゃなく、ただ、見てみたかったんだね♪



そんなペコですが、抱っこを拒否することもあります。


デッキから外を見ているので、「抱っこして見せてあげようか?」と声をかけても、
まるで「抱っこしなくてもいいもん」と言っているように、スっと身をかわしたり。


かと思うと、2階に上がっていった子供たちのところに行きたくて、
階段を見上げているので、「抱っこしてお兄ちゃんのところに行く?」と声をかけると、
抱っこされやすいように寄ってきます。


犬だって、ちゃんと意志を持ってるんだよね。
それが叶えてあげられる要求であれば、
惜しむことなく、叶えてあげたい。


小さな意志をこちらがきちんと理解して、
その都度叶えていけば、エスカレートして困った!なんて事にならないような気がします。
ペコのように、要求が控えめな仔は、それがわかりにくいから、なおさらな気がします。


それを「問題行動」だとかなんとか言って、
こちらが犬を知ろうとせず、小さな要求を見過ごすことで、
少しずつ犬からの信用を失っていく・・・。


例えばもしそれが、今は叶えられない事であれば、
「ちょっと待ってね」とか、「今は無理だから、こうしようよ」
そんな提案だって、いつも叶えられているからこそ、了解してくれるってもんだよね。


人と犬との関係って、実はとてもシンプルだったりするのかも・・・。






自分からソファに座っている次男のそばに来て、寝始めました。
次男が頭に手をやっても、逃げていかない。
私が座っていても、来てくれません。羨ましい^^;
1397143_216308521883380_2028468267_o.jpg



甘噛みしてくれたよ♪
737230_216520638528835_1651006889_o.jpg



雨の日はきらいです(笑)
1394064_216295125218053_1613800352_n.jpg



小さな要求が叶えれられることで、
ペコの心が満たされるのであれば、
その要求を見落とすことのない私になるためには、
やっぱり私が犬を学ぶってことなんだなぁ・・・