読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

共に生きる

台風の進路が気になります。
ペコ地方は、小雨が降っていますが、まだ荒れてはいません。
各地、大きな被害がありませんように・・・。


さて、あいかわらず、読書週間を続けています。

各書、共通して、ところどころに、
なぜ犬が人の元へ来たのか?ということが書かれています。

ムツさんは、それを「人と犬の共生関係」と考えています。


共生って?」

例えば、こちらの本の中では、
海の生き物、ホンソメワケベラとウツボの例をとりあげていました。


犬はどこから…そしてここへ犬はどこから…そしてここへ
(2007/01)
畑 正憲

商品詳細を見る


要約ですが、本書より・・・

ウツボがなわばりを作れば、それを守るのは、ウツボに任せておけばいい。
ホンソメワケベラはウツボの体にまとわりついて、
寄生虫を食べ、おこぼれを食べていればいいのですから。


なるほどねぇ。
共生と考えると、犬との暮らしをもっとシンプルに考えられそう♪






ホンソメワケベラが、ウツボ寄生虫を食べてくれるように、
犬は、人のために、その能力を常に敏感に働かせてくれている。と考えれば、



怪しい物音がするよ!ワンワン!!


おぉ!
教えてくれて、ありがとう♪


犬、満足♪ヽ(゚∀゚)ノ



まんぞくしたー!
10687323_343012145879683_4108931963492974490_o.jpg




そんなやりとりが自然にできるはず。
そこには、上も下もなくて、あるのは、共生


そして、人は、犬が安心して暮らせる環境を提供する。
そう、ウツボなのだ ( ̄▽ ̄) え?


二度寝のペコ父。
まさにウツボっぽい? ( ̄▽ ̄;)
1962530_343012139213017_2994514373550523419_o.jpg



過剰に保護したり、罰したり、
また、片方だけが我慢していたり、損をしていたり・・・は、
相互な共生になってないかも?Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン!!


ムツさんの言葉です。


「俺たちは社会を作んないよ。
 そのかわり、人間が、作ってよ。
 おまえさん方に、ついていくよ。」


よっしゃ!ペコちゃん!
この頑丈なウツボ!じゃなくて ( ̄▽ ̄;)
この頑丈なおかーさんについておいでーーっ!!



・・・・・ZZZ
1965663_340264142821150_1492488768387939769_o.jpg


あれ?ペコさん、聞いてる?( ̄▽ ̄;)