読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

ペコの甲状腺機能低下症と、母の認知症

毎朝のお仕事。
庭で、ペコム(セコム)して、サラダバーして、またペコム♪
とっても熱心に、お仕事してくれるので、
出勤前の私は、いつもこの姿に、やる気をもらっています♪
10658928_350647861782778_7457520987012084791_o.jpg


あやしいやつ!
10680126_351602631687301_6875939084891538192_o.jpg



いまいくぞー!!
10350624_350205641827000_6813238876890963812_n.jpg



さて、そんなペコさんですが、
今、治療中のてんかん以外に、
8月末ごろから、別の病気の治療のため、投薬を初めていました。

結果がはっきりするまで、書くのを控えていたのですが、
先週末、病院での検査結果から、
はっきりと診断が出たので、記録しておこうと思います。


診察前。緊張しています。
今日は、検査の結果を聞くだけだよ。
痛いことしないからね。
1502670_350765921770972_7388018593617384679_o.jpg



普段の様子とか、体重の増加とか、
散歩中の歩様とか・・・
色々な症状から、疑っていたのが、
甲状腺機能低下症」でした。


8月末に血液検査をし、
黒に近いグレーだったことから、
T4製剤を少量から飲みはじめ、
この日は、2回目の検査結果を聞きに行きました。


なんと・・・
「測定不能」なところまで、数値が下がっていました・・・(´;ω;`)


この結果から、
ペコの甲状腺は、十分に機能していない。ということがわかりました。

今後は、定期的にモニタリングしながら、
薬の量を調整していく予定です。

薬が多すぎると、中毒症状が出るらしく、
その塩梅が難しいそうです。


しんどかったんだねぇ。
よくがんばったねぇ。
10355447_350726451774919_7955626579148881970_o.jpg


夕飯の時、家族に結果を報告しました。

どんな病気なのか、その症状や、治療方法など、
それに伴って、今後、起きるかもしれないこと、などなど・・・。

長男がひとこと、
「かわいそうに・・・」と言うので、
「ペコは、自分のことを不幸だなんて思ってないんだから、
 かわいそう。って思わなくていいんだよ。」


「そうだ。そういうのは、伝わるって言うもんね。
 でも、かわいそうだって思っちゃうよ。」


うん。確かに。

楽しみなご飯も、体重が増えちゃうから、控えめにしているし、
楽しみな散歩も、しんどくて歩けなくなっちゃうしね。
おまけに、てんかんで、発作のような不安症状や、
アレルギーの痒みもあるから、
かわいそう。って思わない方が難しいのかもしれない。



1795939_351599428354288_8212208300195544658_o.jpg




そんなペコの様子も気になりますが、
しばらく行けてない、実家の母の様子も気になる・・・。


というわけで、ペコの診断結果に放心しつつ、
予定通り、翌日、長男と次男と3人で、
名古屋の実家へ様子を見に行きました。


長男、免許取得して3年近くになりますが、
初の高速道路の運転です。
めっちゃ怖かった・・・( ̄▽ ̄;)
10264234_351068061740758_5603661919392388110_o.jpg



母は、あいかわらず、私を娘だとはわからなくなっていて、
そして、久々に会った孫たちのことも、わからなくなっていました。


けれども、
小さい頃に呼んでいた名前(省略した感じの呼び方)で紹介すると、
あ〜!はいはい!〇〇くんね!!と、
この子たちの事は知らないけど、その名前の響きには、
とても聞き覚えがある!!と言う感じで、
嬉しそうに、あれこれ世話を焼いてくれました。


母が私のことを、娘だとわからなくなってしまったこと。が、
頭でわかっていても、心では認められていなくて、
今までは、それを思い出させよう!とするところがあり、
そうすると、母も、イライラして、私もイライラして・・・
嫌な空気になってしまっていました。

けれど今回は、なぜだか、もうそんな事はどうでもよくて、
とにかく、楽しいこと、懐かしいこと、その時感じた嬉しいこと、
そんなことをとりとめもなく話し、そして一緒に笑い合うことができました。


車に乗って出かけ、食事をして、それから買い物をしました。


母の手にそっと手を触れると、母は私の手をぎゅっと握り返し、
年老いた母と、すっかりおばさんの娘は、手をつないで歩きました。


子供たちも、色々サポートしてくれました。
長男も、次男も、おばあちゃんのことを、ありのまま受け入れて、
自然なやりとりがちゃんとできて。
親バカですが、良い子たちだなぁ。って。
私がいなきゃ、ペコ家は回らない!なんて思ってましたが、
いやはや、そう思っていたのは、私だけで、
みんなしっかり成長してて。


帰りの高速では、長男が頼もしく見え、
行きはあんなに怖かったのに、
すっかりリラックスして乗っていられました。


我が家に帰り、うたた寝の次男とペコ。
お兄ちゃん、帰ってきて、よかったね♪
10011721_351599335020964_2744372688472987841_o.jpg



そうそう。
実家に置いてあった血圧計で、みんなで血圧を測りました♪

そしたら、なんと、母が一番正常で、いい値! ( ̄▽ ̄)
母曰く、
「ほらね!働き過ぎず、怠けすぎず、これがいいのよ!」


あぁ、母もやっぱり、ペコと同じで、
自分を不幸だなんて、ちっとも思ってないのね ( ̄▽ ̄)



ペコの病院に飾ってあった絵。
結果を聞いて放心状態だった私を、救ってくれた猫さんたち♪
10714300_350765918437639_3001805149448705971_o.jpg



ペコも、母も、今この時を笑いながら楽しく、
そして、精いっぱいに過ごしてるんだよねぇ。

それなのに私が、かわいそう。だと思ったり、
先々の心配をして過ごすのは、なんだか違う。


ペコのこと、母のこと、
ペコ父や子供たちに話して、
それぞれの想いを知ったり、
それぞれが触れ合う様子見ていると、
私よりずっと柔軟だったり、
私とは視点が違っていたり、
教えられることが沢山ありました。


これからも色々トラブルがやってくるかもだけど、
かっかってきやがれー!ヾ(。`Д´。)ノ
ペコ家、最強タッグで迎え撃ってやるぜ!!


げんきなら、なんとかなるー!
10712603_350765915104306_3821861206613638699_o.jpg