読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

シルバーなウィークは、ゴールドな日だった!

シルバーウィークの昨日。

実家のペコ爺とペコ婆が、ペコ家にやってきました♪

 

 

しるばーうぃーく?

それっておいしいの??

f:id:peko0421:20150922161658j:plain

 

ペコ家に来るのは、これが2回目。

来客にはガウガウなペコと、ガウガウするペコが怖い認知症の母。

2度めましての出会い。果たしてどうなりますやら・・・ ( ̄▽ ̄;) 

 

 

 

車から降りたペコ爺と婆の声や気配に、

室内ではすでに、警戒態勢のペコです( ̄▽ ̄;)

 

 

私はペコが飛びかかっていかないように、 

入口から離れた場所で、

しっかりペコの胸を抱えて準備万端!

 

 

ペコ爺が先に部屋に入りました。

そして、後から続くペコ婆。

 

 

そして、もれなく警戒吠えを連発するペコ ( ̄▽ ̄) 

 

 

吠えているペコを見るやいなや、

「だから怖いって言ったでしょ!帰ろう!帰ろう!

 あー、ごめんね、ペコちゃん。」と、

今入りかけた部屋を出ようとするペコ婆 ( ̄▽ ̄;) 

 

 

 

 

そんなペコ婆をよそに、

ペコ爺は、距離をとったまま、ペコと私の方を見て、

「よう!ペコ!じーちゃんだよ!」と声をかけます(笑)

 

 

私は、ペコの胸を抱えたまま、

「ペコ!お利口さん♪ じーちゃんだよ!」と声をかけました。

と同時にペコは、

ペコ爺の姿を見て、声を聞いて、漂ってくるであろう匂いを嗅ぐと、

すぐに確認できたのか、すっと吠えやんで、

抱えた私の腕にも、それまであった緊張が、ふっと緩むのを感じました。

 

 

おー!すごいじゃん!

GWに2人と会ったこと、ペコはちゃんと覚えてるのねぇ。

 

 

「帰りたい!」と言うペコ婆をなだめつつ、ふたりが着席。

一方ペコは、すでに落ち着きを取り戻しつつあります。

 

 

お茶を飲みながら、ペコ爺からおやつをもらいました。

その様子が、また面白かった。

 

私は、特に「おやつのあげ方」を伝えておらず、

ペコ爺流であげていたのですけどね。

 

ペコ爺は、

「ペコ♪」と声をかけながら、

おやつをドンドンあげるんですよ(笑)

 

f:id:peko0421:20150922163551j:plain

 

お座り!とか、お手!とか、そういうの全くナシ。

とにかく、じゃんじゃんあげてる(笑)

そんなわけで、多めに用意した手元のおやつは、

あっという間になくなってしまい、

食べてた「どら焼き」まで、こっそりあげていました(笑)

 

ペコは、そんな感じで「おやつ降ってきます」な状態なのに、

もっと頂戴!って、バタバタすることもなく、

すっかりリラックスモード。

 

 

このひと、おやつくれるひとだ。

自主的に伏せるペコ。

f:id:peko0421:20150922162544j:plain

 

このままでは、どら焼き丸ごと1個あげてしまいそうな勢いなので、

ペコ爺には「おしまい。」と言ってもらい、

おやつをあげるのを、やめてもらいました。

 

 

するとペコも了解したのか、

少し離れたところで、自ら伏せはじめました。 

f:id:peko0421:20150922163528j:plain


最初は、怖い!怖い!と言っていた婆も、

そんなペコの様子を見て、

「お利口さんだねぇ!可愛いねぇ!」を連発し、

自ら伏せてウトウトし始めると、

「あぁ、眠くなったんだねぇ。赤ちゃんと一緒だね。

 こんな可愛い仔がいて、幸せだねぇ!」と、

ペコを見て、何度も、何度も言っていました。

 

 

 下からペコを覗くペコ婆(笑)

f:id:peko0421:20150922202022j:plain

 

 

そんな風にペコがまったりし、ホッとするのもつかの間、

知らない場所なせいで、

ふと不安になると、トイレに行きたくなるペコ婆 ( ̄▽ ̄;) 

 

しかも、毎回トイレの場所がわからなくて、

私がついて歩かなければなりません。

 

その度に、ペコがガウらないか少し心配だったのですが、

最初の一回目だけ、ワフと言いかけた時、

婆の手を引きながら、

「ペコ~!」とペコの方を見て声をかけたら、

フ~っと落ち着いた様子で、

浮きかけたお尻が、また元に戻った(笑)

 

それからは、
婆が立ち上がって動いても、姿を目で追うだけで、
ペコは、いちいち反応しなくなりました。

 

 

私から求められてることが、落ち着いていることなんだな。と、
まるで理解しているかのように見えました。

 

そうこうしているうちに、さらにペコの落ち着きが増してきて、

自分からいつものクッションの場所に行き・・・

f:id:peko0421:20150922164540j:plain

 

 

 

 

最後には、こうなった! ( ̄▽ ̄) 

f:id:peko0421:20150922164705j:plain

 

 

大げさかもだけど、

来客時に、ここまでリラックスできるって、

ペコ家にとっては、まさにミラクルな出来事なのです。

 

 

私がお勉強しているドッグスクールでは、

「名前を呼んでおやつ」という基本の取り組みがあります。

 

犬が何かをした。から、ご褒美のおやつ。ではなく、

むしろ、何もしてない時にこそ、おやつをあげます。

 

何もしてないってことは、落ち着いている時ってことで、

その状態で、名前を呼んだり、いい仔~♪と言いながら、

おやつをあげることによって、

その時かける言葉が、落ち着きをもたらす魔法の言葉になり、

また、おやつをあげている人、声をかける人が、

犬にとって、落ち着きをもたらしてくれる存在になる。

 

犬にとって一番安心できることって、

リラックスできること。なんじゃないかしらん?

 

ペコ爺、それを誰にも教わってないのに、

自分の感性のままにやってくれちゃったんだなぁ。

おそるべし。ペコ爺。

 

 

何かしたから、お利口さん。じゃなくて、

何もしてなくても、お利口さん。

そういう風に感じる気持ちが、

困難な状況にも打ち勝つチカラになるってことを、

またまた、今更ジローに痛感しました。

f:id:peko0421:20150922170836j:plain

 

ペコと暮らすようになってから、ペコのガウガウが理由で、

「家に誰か来る」という状況が、

とてもハードルの高いものに感じていたし、

実際、高かったんだけど、

いつの間にか、お互いに成長してるんだねぇ。

 

私たちにとって、

案外どーってことないかも?って、

かなり自信が持てたような、手ごたえを感じたような、

あー、今まで頑張ってきて良かったなぁ!って、

そんな風に思えた、シルバーならぬ、ゴールドな一日でありました♪