読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

腹を括った母は強いのだ

今日はとっても涼しい一日でした。

すっかり秋ねぇ・・・って、もう10月半ば。

信じられない。もうすぐお正月だよ!?∑( ̄ロ ̄|||)

 

おかーさん、きがはやすぎだわん!

f:id:peko0421:20151011184237j:plain

Facebookを始めてから、日々の記録をそちらに投稿しています。

自分用のメモとして、公開せずに投稿することもあります。

ペコの体調や健康管理などにも、とても役立っていて、重宝しています♪

そんなFacebookですが、「過去のこの日」という機能があります。

 

過去のペコ^^

この写真、お気に入りなのです♪

f:id:peko0421:20151011184232j:plain

 

今のペコ。

大きくなったね!!

f:id:peko0421:20151011184219j:plain

 

たとえば今日、10月11日なので、

去年の10月11日や、一昨年の11日に投稿したことが、

自分だけ見られるような機能なのです。

ペコはこの時期、いったん治まった季節性のカイカイ症状が、

復活気味になるのですが、

去年の写真と比較すると、今年は状態がイイことがわかったり。

 

 

ことしのぼくも、あいかわらずのいけわんだけどね!

f:id:peko0421:20151011184229j:plain

 

ある日のこと。

そこに、1年前、投稿した動画がありました。

 

それは、

ペコがガウガウ私に飛びついて、腕に噛みつく動画です。

 

ご存知の通り、ペコは噛みの抑制をずっと取り組んできました。

怒鳴りや、罰、力ずくで抑えるということを一切せずに。

 

その甲斐があって、今は、家族に歯を当てることはなくなりました。

けど、この動画のような、

興奮してからの転嫁的な噛みが時々あって、

それが私の心に、ちょっとだけ影を落としていたのは、

正直なところです。

 

言い訳かもですが、ペコには「てんかん」もあり、

脳の気質的な問題もあるかもしれない。

もしかすると、単なるフラストレーションを、

身近な私にぶつけてきているのかもしれません。

 

どちらにせよ、この「噛み」は、ペコが生きていく上で、

仕方のないこと。そう腹を括ってきました。

 

それに何より、これは、ペコのほんの一面にすぎず、

それを上回る何倍もの良いところが、沢山、沢山あります。

 

狭いながらも、楽しい我が家♪

普段のほぼ、99%は、全く平和なのですから。

f:id:peko0421:20151011184216j:plain

  

けれども世間では、

犬が噛む。ということを、ことさらに大きく捉えられ、

しつけがなってない!だの、飼い主が悪い!だの、

そういう声を聞くと、耳が、心が痛みます。

 

だから、噛む犬の飼い主さんたちが、

追い詰められ感を持つ気持ちはわかります。

きっと私も、少なからず、今も劣等感を抱えているんだと思います。

だから、どうしてもそこに拘ってしまうんだろうな。と。

 

こういう動画を載せるのは、とても勇気がいります。

ずっと勉強してるのに、取り組んでるのに、

まだ噛まれてるの?もっと厳しくしないからよ!

そんな声が聞こえてきそうだから。

 

 

最近のペコ。

以前と同様に、飛びつきますが、噛むことはなくなりました。 

 

私は、怒鳴りや、罰、力ずくで抑えるということを一切せずに、

ペコと、信頼関係を築いてきたことを、心から良かったと思っています。

 

charliemama3.blog.jp

 

噛みが悪化するのは、

怒鳴りや、罰、力ずくで抑えることが原因のひとつだと、

今では、はっきりとわかります。

 

噛まずにいられるようになったことは嬉しいけど、

私は、今でも、腹を括っているのは変わりありません。

犬だって人と同じ生き物。

歳を重ねていくことで、

また新しい何かしらの問題が出てくることだって、

容易に想像がつきます。

 

 

けど、それも怖くない。

腹を括った母は強いのだ。

f:id:peko0421:20151011184211j:plain