読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

便りのないのは良い便り?

なんてこったい!
前回の記事から、またまたすっかり空いてしまいました( ̄▽ ̄;)

えっと・・・
「便りのないのは良い便り」・・・って違っ(笑)

ブログを始めた当初は、毎日、毎日休まず記録していたのにねぇ。
仕事だって今と同じようにしていたし、
夕んぽだって、噛みスイッチが入って帰れなかったりで、
けっこう長い時間行ってたりしたのになぁ。


だから、忙しくて時間がない!ってのは言い訳で、
時間は捻出するものだってことが、よくわかります ( ̄▽ ̄;)


おかーさんは、いいわけだいじんだよ。ペコ
10933715_409396492574581_1967641330154605328_n.jpg



いやいや(汗)
一応、便りがない間にも、いろんな事は考えている私です。


毎晩お風呂で、ムツさんの無人島記と、その続編読んでます。
のぼせちゃうから、少しずつですが( ̄▽ ̄)


ムツゴロウの無人島記 〔正〕 (文春文庫)ムツゴロウの無人島記 〔正〕 (文春文庫)
(1977/04/25)
畑 正憲

商品詳細を見る


王国を作るよりも、前の話です。
ムツさんはなぜ無人島に住もうと思ったのか。
今更ジローですが、その理由が書かれています。

北海道の海辺の町を歩いていると、
自由に歩き回る犬たちがいて、
その犬たちは、ムツさんが飼っていた犬とは、
姿や表情がまるで違っていたんですって。

犬たちは自由に歩き回っているけれど、
かと言って、人間を無視しているわけではなく、
犬好きな人には、駆け寄って、甘えたりじゃれたり♪

それを見たムツさんは、
自分の犬の自然な姿や表情が見たくて、
それで無人島に住もうと思ったんだって!

へーへー!!

私も、このごろ特に思います。
ペコの自由な姿が見たい。と。


10711073_409530232561207_2892125395967088938_n (1)


けれど、無人島に住んでるわけではなく・・・。


だからできるだけ、ペコの自由な動きを妨げないようなリード使いを学んだり、
今ここで介入するべきか否か。を判断するために、
ボディランゲージを学んで、それを見られるように努力したいんだろうなぁ。って、
今更ジローに気付いたのでありました。


それは、私がそうしたい。ということ。なわけですが。



朝ご飯の後と、私の帰宅後、夕んぽの後は、
雨でない限り、庭に出すようにしています。
なるべく私が干渉しないように。


13424_413784318802465_2099331238285222755_n.jpg


10408090_413784422135788_5727881925665798343_n.jpg


1385884_413944525453111_6706777859322358150_n.jpg



庭で自由に過ごすペコを見ていると、
気付くことが沢山あります。


その中のひとつ。


じーーーーーっ。と立っていたり、
じーーーーーっ。と座っていたり。


どんだけ、じーーーーーっとしてるんだろう ( ̄▽ ̄;)


退屈じゃないのかな?
はじめは、そんな風に感じていました。


何か一緒にした方がいいのかしらん ( ̄▽ ̄;)

ボール投げでもしようかしらん ( ̄▽ ̄;)



けれども、そのうち、
あぁ、これが、ペコの自然な姿なんだろうな。と思うようになりまして。



散歩中にもよく立ち止まったり座り込みます。

何かが怖かったり、集中しすぎてしまったり。
そんな場面もありますが、
庭でのペコの延長?のような時もあることに気づきました。
10455746_409396472574583_6467345231864687318_n_20150327204103362.jpg


動かすことで、怖さや集中から脳を切り替えなきゃ。な時もあるけれど、
ただただ、じーーーーーーっとしていたいだけな時もあるんだろうな。


そうそう♪
庭でぼーーーーーっとしていても、
晩ごはんの頃には、自分から部屋に入ってきます。


そろそろごはんですよね?ペコ
11075137_413944545453109_1703073160901864727_n.jpg


人と犬の暮らしを遡ると、
そこには長い歴史があるんだよねぇ・・・。


そんな事に想いを馳せながら、
犬との暮らしを見つめ直すと、
心が洗われてくるような。

この頃、ちょっとひと味変わってきたような、
それは、気のせいなような、
ペコと私ペアなのであります ( ̄▽ ̄)


長くなったので、続きます ( ̄▽ ̄;)