読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

ペコが心を許すとき

通勤途中の桜並木も、ちらほら咲き始めました♪
ペコ地方にも春がやってきたよ♪

11046367_416580728522824_184105083525093540_n.jpg


さてさて。

長男の彼女にペコが心を許すまで。を、
記録しておこうと思います。


時々家に遊びに来る彼女。


テリトリーを守る意識が、激しく強硬なペコのこと。
凄い勢いで飛びかかって行くのを想像することは、容易にできて ( ̄▽ ̄;)


彼女が家に来るようになった頃は、そんな状況を回避するべく、
抱っこしたり、デッキに出したり、
とにかく事故のないようにしていました。


抱っこされても、デッキにいても、
凄い勢いの吠えは、
なかなか変わることはありませんでした。


ペコは飛びかかっていくかもしれないけれど、
何もしなければ、手を出さなければ、
噛むことはない。と実は思っていて、
もし彼女がそれを受け入れてくれるなら・・・


そんなわけで、
ある時から、長男と彼女の理解もあり、彼らの協力の元、
ペコをフリーなまま家に入ってもらうことにしたのです。


おおきいおにいちゃんのことは、
ぼく、だいすきなんだけど・・・
11075164_416630881851142_1102656474754994974_n.jpg


初めのうちは、案の定、
凄い勢いでガウガウ吠えながら、飛びかかっていきました。


犬好きでも、
これはさすがに怖かろう。


けれども、さすが彼女!
肝が据わってる!


ペコは飛びつき足をかけても、
何もしないで立っている彼女の匂いを嗅ぎ、確認できれば、
自分から離れることができるようになってきました。


そして、
彼女の来訪を重ねるごとに、ペコの吠えが減ってきて、
この人知ってる。
ちゃんと判断してることが
とてもよくわかるようになってきて・・・


そして、先日。


家に入ってきた彼女の元へトコトコ近づいて、
彼女の匂いを嗅ぎました。
しゃがんだ彼女の顔を舐め、緩やかに尻尾を振りながら、
身体を横に向けたのです♪


とても平和的な親愛のしるし。


よっしゃー!
ペコと彼女は、もう大丈夫!!ヽ(゚∀゚)ノ



いち早く危険を察知して、
飼い主の役にたとうとしている。
そのために、立ち向かっていくこともあるんでしょうね。


危険じゃないよ。


心穏やかに、
受け入れてくれた彼女のことを、
ペコも認め許しました。



ソロモンの指環。にあります。


ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
(1998/03)
コンラート ローレンツ

商品詳細を見る

飼い犬のティトーは、
どんな人がいつローレンツをいらだたせるのか、知っていました。
とくに、君はまだ若い、若い。そんな態度には、断固として懲罰を加えます。
来客のお尻に噛みつく!という方法で!((((;゚Д゚))))


言語を持たない動物たちは、
それゆえに、感覚が研ぎ澄まされているのです。


だからこそ、
犬の前では平静であれ。
彼女に教えてもらいました♪
素敵な彼女。
長男よ、大切にしなさいな。


まだ目を閉じると、
ペコが緩やかに尻尾を振って、
彼女に近づく姿が浮かんできます。

それくらい、嬉しかった!

11083666_416013805246183_867996342108573904_n.jpg



ペコを制止せずにお客さんを迎えるなんて、
絶対無理でしょ!って思っていたからね( ̄▽ ̄)


絶対無理!
それって、自分が決めるものかもね。
ペコ家に不可能の文字はないのだ!


今年度の目標。

ピンチはチャンス!これでいこー!!ヽ(゚∀゚)ノ