読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

世界の中心で婆が叫ぶ③

雪やこんこ♪あられやこんこ♪

犬は喜び庭駆け回る~♪なペコです(*´∀`*)

f:id:peko0421:20160128195713j:plain

 

 

さて。前回の続きです。

 

そんなこんなで笑いの絶えない外食の後、

家に戻って、お茶を飲みながら、またしばしおしゃべり♪

 

ペコ爺、私に向かって隣近所の近況や、

自分が町内会の役員になったよ。なんてことを話してくれるのだけど、

それとともに、だんだんと婆のご機嫌が怪しくなってきました。

 

f:id:peko0421:20160128195739j:plain

 

 

隣?知らん!知らん!

町内会なんて何も知らせてこない!

え?お父さんは何か知ってるの!?

 

ずっと婆が行ってたじゃないか。でも最近は爺が行ってるんだよ。

 

そんなの嘘!! 私は町内の集まりなんて、一度も行ったことがない!

 

てな感じに、ああ言えば、こう言う。で、

爺と婆が言い合いになってしまいました。

 

f:id:peko0421:20160128195753j:plain

 

以前から薄々感じていたのだけど、 どうやら、この手の話題は、

ペコ婆の怒りスイッチのようです。

今回、それがはっきりとわかりました。

 

 

今まで自分ができてたことが、できなくなってしまったことを、

なかったことにしてしまいたい。と感じているように見えました。

 

 

認知症の人は、感情の起伏が激しくなり、

突然怒り出す。なんてよく聞くし、実際私もそう思ってたのだけど、

本当は、それぞれに、そのスイッチがあるんじゃないかしらん。

 

 

 

何もわからくなってるわけじゃ、決してない。 

 

f:id:peko0421:20160128195810j:plain

 

その後、私がまたまたトイレに立った時・・・。

なんと私の後を追って、トイレの前で待っててくれたペコ婆。

 

今まで、どこかのよく知るお嬢さん♪的に感じてくれてて、

でも、その場を離れると、存在がリセットされてたのに、

ペコ爺の姿を探すように、私の姿も探してくれるようになったよ♪(*´∀`*)

 

 

その日の夜は、まるで修学旅行のように、

興奮して、はしゃいで、はしゃいで、

なかなか布団に入ろうとしなかった婆ですが、

いったん布団に入って横になると、すぐにスヤスヤと寝始めて、

いつもなら、夜中にウロウロ歩き回るところが、

朝までグッスリ寝られたのです♪(*´∀`*)

 

 

眠れぬ夜を覚悟してたのに!!ヽ(゚∀゚)ノ  

 

f:id:peko0421:20160128195900j:plain

 

 

翌朝。

目を覚ましたペコ婆。

私の顔を見て言いました。

 

 

〇ちゃん、そこで寝てたんだね♪

 

 

うおおおぉーーーーーっ!!((((;゚Д゚))))

私のこと、覚えてるジャマイカーーっ!!ヽ(゚∀゚)ノ 

 

 

これまで、実家に何度も泊まったけど、

翌朝になって私の顔を見ると、誰?って顏するから、

いつも私の方から、〇ちゃんだよ♪おはよう♪って、

自己紹介してたのに・・・

 

 

 

 

全私が泣いた(´;ω;`)

 

 

 

 

帰りの高速バス。窓から見える青空。

ぽっかりハート型の雲が浮かんでいたよ(*´∀`*)

f:id:peko0421:20160128195924j:plain

 

 

 

自分の考えてることですら、わからなくなることがあるのに、

ましてや、子供や、家族や、犬の考えてることは、

わかりっこないのかもしれない。

でも、わかろうとすることを、諦めたくはないんだ。

f:id:peko0421:20160128201855j:plain

 

婆は私から、何かを受け取ってくれたのかな。

そして犬も、何かを受け取ってくれてるかなぁ。

もしもそうだったら、嬉しいな(*´∀`*)