読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

消化に悪いって考えてみたらどうかな?

天気が良いと、私の気持ちが、いつにも増して上がるよ♪

そしてもれなく、犬の尻尾も上がるよ、上がる♪

f:id:peko0421:20160211195503j:plain

 

 

 

小川の鴨だって、上がってるハズ♪←そうなのか? ( ̄▽ ̄) 

f:id:peko0421:20160211195544j:plain

 

 

さて。

我が家の平日の朝は、ZIP!をつけているのですが、

先日、プレーリードッグをスタジオに連れてきていたよ。

 

小さな飼育カゴに入ったプレーリードッグを、

出演者たちが「可愛い~♪」と言いながら取り囲んだ。

 

餌を食べてるところを見せたかったんだろう。

サツマイモを一切れ差し出しされるも、

それに一切口をつけることなく、

カゴに敷かれた木屑に身を潜めたプレーリードッグ

 

 

 

これは、草むらを歩く柴犬 ( ̄▽ ̄) 

f:id:peko0421:20160211195857j:plain

 

 

私は、「食べるわけないやろ!(`Д´)」って、

テレビの前で突っ込み入れてたから、

「プレーリーさん、グッジョブ!ヽ(゚∀゚)ノ 」

と思わず叫んだよ ( ̄▽ ̄) ←いや、叫んではいない ( ̄▽ ̄) 

 

 

まぁ、とにかくアレですよ。

動物を侮りすぎです。

あの状況で、食べられるわけがない。

食べられたとしたら、相当に肝がすわっているか、

楽天家なプレーリーさんだと思う。

楽天家なプレーリーさんがいるかどうかは知らない。

 

 

 

人も動物も同じなのだと思うけど、

不安や恐怖を感じた時には、脳の中にある扁桃体が働いて、

自律神経の作用が起こり、交感神経が優位になる。

交感神経は、すぐにも戦ったり、逃走できるように、

心臓がドキドキして、胃の働きだって、抑制される。

あの時のプレーリーさんは、バリバリに扁桃体が働いて、

交感神経ビンビン物語。だったと思うよ。

f:id:peko0421:20160211201402j:plain

 

あ。逆に、心地いい時には、副交感神経が働き、

唾液や胃の働きも活発になるんだよ。

 

 

だから、人も、動物も、何かを食べる時には、リラックスが必要なのだ。

 

 

ちっとも言う事をきかない子供にガミガミ怒って、

そのままの気持ちで夕飯を作り、

イライライライライライラしながらご飯を食べたって、

ちっとも美味しくないし、食べた気がしない。

だって、脳は闘争モードだから ( ̄▽ ̄) 

 

 

・・・・って、思い当たる節があるのは私( ̄▽ ̄;)

 

 

そりゃ、腹が立ったり、気分のすぐれない事だってあるさ。

にんげんだもの。みつを

 

 

 

なかなか難しいことだとは思うけど、

そんな時、イライラの原因をあれこれ考えたり、

怒った気持ちを持ったままでいるのは、

消化に悪いよ。って考えたら、気持ちを切り替えられるかもね♪(*´∀`*)

 

 

 

 

人と犬も同じ。

リラックスした気持ちでご飯を食べて、ぐっすり眠ることで、

心身共に、バランスよく生きられるんジャマイカしらん♪

f:id:peko0421:20160211202732j:plain

 

 

そんなこんなのバランスがよくなることで、

解決される問題も、いっぱいあると思うんだなぁ。