読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

むしろ、犬と暮らさない人に知ってもらいたいこと

冷えてます。ペコ地方。

朝の路面はガリガリ、ツルツルで、何度もヒヤリハット!した私。

さすがに犬も、出だしはちょっと滑ってたよ( ̄▽ ̄;)

f:id:peko0421:20160227143910j:plain

 

 

けれども、やはり危機回避能力のすぐれた犬のこと。

道の端の雪が残っているところは、滑らない。

ということを発見したのか!?さすが、犬!ヽ(゚∀゚)ノ 

f:id:peko0421:20160227144155j:plain

 

 

一方、私はというと、

道の真ん中でも、端でも、どっちにしろ上手く歩けず。

「ゆっくりね~♪」「ゆっくりだよ~♪」「待って~♪」

などと声をかけながら、全神経は足元に( ̄▽ ̄;)

 

 

歩みはノロいし、時々止まるし。で、

ペコにとっては、スロー再生のような散歩だったけど、

いやはや、ちゃんと私のペースに合わせてくれて、

なんとも親孝行な犬であります(´;ω;`)

 

 

 

おかーさん、だいじょぶ??

f:id:peko0421:20160227154613j:plain

 

 

 

凍っていても、匂いは嗅げるよ♪

f:id:peko0421:20160227144802j:plain

 

 

さて。

犬は匂いの世界に住んでいる。

ペコを災害救助犬にするつもりはないけど、

この本には、匂いってどんな風に流れるのか?ってことが、

とても細かく書かれてあって、興味深いよ♪

 

普段散歩してる時も、風向きとか、水の流れとか、

地形とかが気になってくること、間違いなし♪(*´∀`*)

 

 

災害救助犬トレーニングマニュアル―あなたの愛犬をレスキュードッグにする方法

災害救助犬トレーニングマニュアル―あなたの愛犬をレスキュードッグにする方法

 

 

災害救助犬

警察犬にしてもそうだけど、

人と共同して作業する犬たちって、とても厳しい訓練をしてるんだろうな。

そんな風に思っていたのだけどね・・・

 

この本には、

災害救助犬の訓練に於いて、避けることが明記されています。

 

ネガティブ強化

ネガティブ強化は体罰とは異なります。

ネガティブ強化は不快なもので、望まれない行為をやめることで

その不快感を断ち切ることができます。

犬に用いるネガティブ強化の例として、

「見えないフェンス」があります。

見えないフェンスは境界に犬が近寄ると警告のベルを慣らし、

それを超えようとすれば電気ショックが起こります。

ショックを排除するには、

フェンスのある場所から離れなければなりません。 

 

 

体罰

体罰とは、望まれない行動を起こした犬に対して与えられる

ハンドラーによる強制的な行為です。

強制的な行為はいつでも何らかの痛みや不快さを犬に与えます。

体罰の例として、ショックカラーによるショックや、

耳障りな音、平手打ち、拳骨で殴ること、つねること、

リードによるジャークなどがあります。

正しい技術を習得したものが使って初めて

体罰は望まれない行動を禁ずることができます。

体罰はほとんどの場合、

フラストレーションのたまった飼い主の行動です。

軽い体罰に即効性がない場合、

もっと重い体罰へと走るのは簡単なことです。

あまりにも強制的な体罰を与えられた時、

自分を守るために噛む行動にでる犬もいます。

 

 

基本的に体罰とネガティブ強化を避ければ、

最高の災害救助犬が育つことを、

ハンドラーは理解するようになるでしょう。

 

 

 

へーへー!!ヽ(゚∀゚)ノ 

「基本的に体罰とネガティブ強化を避ける」

どんなに厳しいものかと思いきや、

体罰や、ネガティブな方法はNGなのね!!ヽ(゚∀゚)ノ 

 

 

・・・でも、気になるところは、ココ。だと思う。

正しい技術を習得したものが使って初めて

体罰は望まれない行動を禁ずることができます。

 

 

これって、体罰は、効果がある。ってことなんだよね。

ココに私たち一般飼い主は惑わされる。

 

 

でもね、よく考えてみてほしいよ。

体罰の正しい技術。って何?

どの角度で、どのタイミングで、どの強さで・・・

そんな事を考えながら、犬と暮らしたくないよ。

そして、そんな姿を子供達に見せるのも、どうかと思います。

 

 

しかも、習得したものが使って初めて効果のあるもの。

体罰を教わる訓練所ってのがあるかどうか知らないけど、

そこで、何年かかるかわからない技、

そんな一般飼い主にはできないような技を、

一般的なしつけ方法として、広めるべきではない。って私は思います。

 

 

犬のしつけに関しては、様々な考えや方法があって、

トレーニングを生業とされてる専門家の方々や、

そこに藁をもすがる思いで助けを求める飼い主さんたちがいて、

とっても難しい世界が広がっています。

 

 

だから、むしろ私は、

体罰」をよしとする人じゃなく、犬を飼ってる人でもなく、

全く犬との関係がなく暮らしている方々。

犬のしつけに感情的にならず、静観できる方々。

そんな方たちに是非とも、知ってもらいたいなぁって思います。

f:id:peko0421:20160227145735j:plain

 

 

www.dogactually.net

 

 

この地球上に生きる同じ生き物としての動物に敬意を払い、

配慮をすることで万物の霊長としてのモラルを保とうと世界は動いている。

西洋に言われるまでもなく、

昔の日本には同じような概念はあった。

これをどこかに置き忘れているだけならいいのだが、

失くしてしまったとは思いたくない。

 

 

知り合いが犬を飼った。

近所に子犬がきた。

友人が犬のしつけに悩んでる。

 

 

そんな話を小耳にはさんだ時、

体罰」や、「ネガティブ強化」のしつけって、

災害救助犬」の訓練でも避けられてる方法で、

「動物福祉」に反しているらしいよ。ってことを、どうか、

批判的ではなく、優しく思いやりを持って、

伝えていただきたいのです。

 

 

 

ぼくらもいたいし、かなしいし、こわいんだよ。

だから、そこんとこ、よろしくだワン!

f:id:peko0421:20160227144658j:plain