読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

柴犬は小さいうちに〆なくても育てられる

ガリガリに冷えた昨日とは、うってかわり、

今日は暖かな一日でした♪

やっぱり青空は気持ちいいね!ヽ(゚∀゚)ノ 

f:id:peko0421:20160228174118j:plain

 

 

 

夕べ、ペコの小さい頃の事を思い出しながら、

自分のブログをチラチラと読んでいました(*´∀`*)

これは、ペコが1歳の頃。

かわいいなぁ~♪(*´∀`*)

噛んで、噛んでしかたなかったけど、

四六時中噛んでたわけじゃないんだよね ( ̄▽ ̄) 

f:id:peko0421:20160228174237j:plain

 

 

 

そして、今、ペコ。

ずいぶん大人になったよねぇ(*´∀`*)

え?おっさんくさい? ( ̄▽ ̄) 

f:id:peko0421:20160228174354j:plain

 

 

柴犬って、大人しい。って言われるけど、

仔犬の時は、めっちゃ激しいんだよね( ̄▽ ̄;)

それが「柴犬は小さいうちに〆ろ」って言われちゃう所以だと思う。

もう、この都市伝説、どうにかしてほしい。って思うよ。 

 

 

あ。そうそう、庭に穴も掘るしね ( ̄▽ ̄) 

f:id:peko0421:20160228175137j:plain

 

 

 

掘ってる動画も見つけてきた ( ̄▽ ̄) 

あー。7か月の頃なんだ♪懐かしいなぁ♪

 

 

 

こんな風に、庭に穴掘っちゃうのも、仔犬の頃だけで、

5歳になった今では、

庭はくつろぐところ。と心得ている大人犬ですよ(*´∀`*) 

f:id:peko0421:20160228175957j:plain

 

 

仔犬を育てるのは、とても大変。

まさに渦中にいる時は、この大変さが永遠に続きそうにも思えちゃうけど、

過ぎてみれば、本当に大変な時期って、短かったなぁ。って思います。

 

 

やってる!やってる!ヽ(゚∀゚)ノ 

f:id:peko0421:20160228180311j:plain

 

前回書いたように、私は体罰」や「ネガティブ強化」を避け、

怒鳴ったり、大きな声で叱らずに、ペコを育ててきました。

 

 

きっと叱らなくても育てられる、大人しい犬だったのよ。

そんな風に言われちゃうかもだけど、

いやぁ、なかなか。のもん。だったと思います ( ̄▽ ̄)  

f:id:peko0421:20160228182929j:plain

 

 

こんな風に書くと、叱らなかったことを自慢してるみたい。

って受け取られちゃうかもしれないから、あんまり書きたくないんだけど。

・・・って言いながら、書いてるけど ( ̄▽ ̄) 

 

 

でも、「柴犬は小さいうちに〆なくても育てられる」

むしろ、「ヘタに〆られたせいで、悪化する犬がいるみたいよ」ってことを、

知っちゃったからには、書かずにはおられない。

そして、叱りのスパイラルに陥る飼い主もいる。ってこと。

 

 

 

そうそう。

叱らない。と決心する前は、この噛みをなんとかしたい。っ思って、

なんとかする方法を探してた時もありました ( ̄▽ ̄) 

噛まれるのが嫌で、苦いスプレーを手に吹き付けた日もあったなぁ。

でも、苦いスプレーを自分で舐めてみたら、すごく苦くて、

私は一体何をやってんだろ?って、自分を責めたよ。

 

 

虫一郎さんの今日のツイート♪

 

 

 

 

今、まさに仔犬に手を焼いてる人がいて、

叱りがエスカレートしていく自分が、もし怖くなってきてるなら、

どうか、一度、深呼吸してみてください。

永遠に続くわけじゃないよ。

 

 

そして、叱る暇があったら、是非とも記録をつけてみてください。

どんな状況で、どんな風になったか。

不安な気持ちは、犬の将来への不安というよりも、

自分への不安だったのじゃないかしら。って、今になって思うから。