読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

カントリーロード この道ずっとゆけば

茶色い色やグレーの多かった景色に、

ぽつぽつと花が咲くようになってきたペコ地方。

やっぱり花や緑を見ると、心もふんわりします。

 

ご近所の梅。

f:id:peko0421:20160306164411j:plain

 

 

 

我が家のローズマリー

f:id:peko0421:20160306164427j:plain

 

 

 

そして今朝。

次男の登校にヒットしたよ!

いつも散歩はペコの行きたい道を歩いているから、

狙ったわけじゃないよ ( ̄▽ ̄) 

 

あ!あれにみえるは、おにいちゃんだワン!

f:id:peko0421:20160306164023j:plain

 

 

 

ぼくも、いっしょにいきたいだワン!

f:id:peko0421:20160306164058j:plain

 

 

帰宅した次男。

私と同じく、もれなく兄バカな次男なので、

「どこで見かける犬よりも、ペコは可愛い♡」と ( ̄▽ ̄) 

 

 

・・・・確かに可愛いですが、何か? ( ̄▽ ̄) 

f:id:peko0421:20160306170610j:plain

 

さて。さて。

 

そんなこんなで散歩から帰ると、ペコ爺から電話がありました。

アルツハイマー要介護3のペコ婆を、自宅介護しているペコ爺。

私は実家から離れて住んでるので、手伝いに行けるのは月1~2回がやっとです。

だから、2人暮らしの老々介護。

 

 

 

昨日、というか、今朝のこと。

ペコ婆が夜中に外に出て行っちゃったことに気づいたペコ爺。

一人で探しに行くわけにもいかず、110番通報し、

探してもらって、パトカーに乗せて連れ帰ってもらったと。

 

 

パトカーの車内では、

「何も悪いことしてないっ!降ろして!」と叫んでいたとか( ̄▽ ̄;)

 

 

婆がいないことに気づいてから、

家に連れて帰ってもらうまで、2時間くらいだったって。

ペコ婆は、一体どこを、どう歩いていたのでしょうか。

片方にスリッパ、片方に、爺の靴を履いて。

 

どこに行こうとしていたんだろうねぇ。

f:id:peko0421:20160306172115j:plain

それもどうやら今回だけじゃなく、 先月の末に始まり、すでに4回目だそうで。

ごめんなさい。おまわりさん(´;ω;`)

 

 

 

以前、玄関を改修工事をして、

ペコ婆には開けられないよう、二重のロックにしてあったのですが、

開け方を覚えちゃったんだねぇ。

 

 

認知症なのに、新しいこと覚えられるって、すごい!って感心しちゃったけど。

・・・感心してる場合じゃない( ̄▽ ̄;)

 

 

 

ペコ爺、ひとりで頑張ってたんだと思います。

私に心配かけたくない。周りに迷惑かけられない。って。

 

 

けど、さすがに腰も痛くなってきて、気持ちも参ってきて、

ギリギリんとこで、電話してきてくれて、良かった。

f:id:peko0421:20160306172655j:plain

 

徘徊と言っても、理由がある。

出て行きたい気持ちに寄り添いましょう。

気の済むまで一緒に歩いてみましょう。

 

 

確かに。

 

 

けど、それは、介護者が、心も身体も元気な場合だよねぇ。

 

 

事件は現場で起こってるんだ!

って、言いたくなる気持ちもわかるよ。

 

 

 

それって、

介護だけじゃなくて、子育てだって、犬育てだって同じだろうね。

f:id:peko0421:20160306172707j:plain

 

孤独にならないで。

一人で抱え込まないで。

 

 

人は多かれ少なかれ、人に心配や迷惑かけながら生きてるんだ。

心配や迷惑かけて、かけられて、それが生きてくってことなんだもの。

だから一人で頑張りすぎないで。

 

 

 

日々私の心持ちを書くのも、気持ちを吐くのに役立ってます。

ツイッターという手もあるよ。みんな好き勝手につぶやいてる。

 

 

悩みは溜めずに吐き出そう!

そして、溜めるなら、お金にしよう!

 

 

あ。

吐き出すつもり全然ないのに、お金は出て行くばかりだった( ̄▽ ̄;)