読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

またしても、ざっくりと。

昨日は、チャーリードッグスクールで、私が学ぶ理由を、ざっくり書いたので、
今度は、スクールで学ぶ技術的な事について、
私が感じている事を、またしても、ざっくり(笑)書こうと思いますです♪
ざっくりです。


※当ブログ記事は、あくまでも、私がペコと取り組んでいる事。です。
 個別なご相談は、どうか、
 チャーリードッグスクールへ直接お問い合わせくださいませ。

まずは、犬の中に飼い主への信頼や、安心を築くこと。
これが第一!です。
ここをすっ飛ばして、「しつけ」に向かうから、
犬との関係が、ごちゃごちゃになってくるんだと思います。

あ。偉そうな事言ってますが、
ペコ家も、もちろんそうでしたから^^;

ごちゃごちゃになった状態でも、
日々の取り組みで、ここまで来ましたから!
あきらめなければ、道は開ける!

ちなみに、ごちゃごちゃになった状態を、
ご覧になりたい方はコチラ→はじめまして

※ペコ家は、当初、噛み問題からの取り組みでした。
 落ち着いている状態の時に、基本事項を取り組みつつ、
 ガウガウしたら「抱っこして落ち着かせる」(ホールドラッピング)で、
 噛みの抑制を行っていました。
 おやつを使うというと、いつでもおやつと考えがちですが、
 興奮時のおやつは使いません。
 抱っこして落ち着いても、「よし!」の言葉がけのみ。
 おやつの使い方にも、方法がありますので、
 興奮や、噛みでお悩みの方も、先生に直接ご指導を受けて下さい。


さて、気を取り直して^^;




チャーリードッグスクールで、学ぶ、
「基本の基」に、「名前を呼んでおやつ」というスペシャルな取り組みがあります。

これには、1〜3のバージョンがあります!

名前を呼んでおやつ(私は社会化のドッグトレーナー)



名前を呼ばれると、嬉しい♪
飼い主と、一緒に歩く、動くことが楽しい♪
これを、しっかりインプットしてもらいます♪


すると・・・色々な場面で使えるすごい技になります。


例えば、


何かをガン見して立ち止まった!
その何かから、気持ちを逸らして、歩き続けたい!


その時、「ペコ〜♪」と呼べば、「何?」って振り向かせられる。
振り向くだけじゃなく、嬉しい♪の気持ちになれる。

そこまできたら、こっちのもんです!


「お利口さん♪すごいね♪」など褒めながら、
こちらに注目させながら、楽しい気持ちでスルーしながら歩くことができます。
本当に、できるようになります!なります!^^



ただし、注意する事があります。


犬が「嫌」だと思う時に、名前を呼ばない。


名前を呼ばれて、ルンルン♪って飼い主のそばに来たのに、
「嫌」なことをされたら、犬の中に不信感が芽生えます。



私だって、
「あ!福山雅治だ!」って声が聞こえて、キャー♪って駆けつけて見たら、
バナナマン」だった・・・。

もう二度と騙されないぞ!って思います(笑)




そんなわけで、「名前を呼んでおやつ」というスペシャルな技については、
私は社会化のドッグトレーナーを、やっぱりじっくり読んで頂きたいと思います。


それから、もうひとつ。

先日の、福井散トレで、チャーリーママ先生に、
「車庫入れ」を教えて頂きました^^



チャーリードッグスクールで、学ぶ技に、
「マグネット(マグネット強化月間を参照)」というのがあります。
この「マグネット」を利用して、
自分の股の間に入ってもらう。
まるで、自動車の車庫入れのようです^^


これは、リラックスして、柔軟に動いてもらうトレーニングです^^
興奮しがちな仔は、後ろ足に意識がいきづらいので、
後ろ足を意識させるのにも、役立ちます^^


で、先日の散トレで、
カエデさんが、この車庫入れを、集合写真の時に繰り出していらっしゃったのですよ♪
これ、すごいよ!


これが、完成した、集合写真です。
カエデさんとルビーちゃんは、バッチリ収まってます♪
ペコさん、どうしちゃってるの?(笑)



連続写真で見ると・・・
後ろでは、列に並ぼうとごちゃごちゃしていますが(笑)
カエデさんは、ひとり静かにルビーちゃんを誘導に入っています^^
2013060901.jpg


グルグル、シャキーン!!ヽ(^o^)丿


かっこいいジャマイカ〜〜っ!!



犬を叱らなくても、厳しく命令しなくても、
こんなにかっこいい、しかも楽しそう♪って凄いと思いませんか!?



早速、私も自主練しています^^
ちょっとぎこちないです(笑)



これは、
チャーリードッグスクールで学ぶことの一部ですが、
他にもまだまだ楽しいことが沢山あります。


厳しいと思われがちな、犬のしつけ。
飼い主が学べば、ワンコもイキイキしてきます!
学ぶことが、実は、こんなに楽しいものなんだって、
気づいてもらえたらいいなぁ!