読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

いつの間にか、こうなった

やっぱり今年の冬は、雪が多いような気がするペコ地方。

ペコは元気に過ごしています♪
お散歩で、歩く姿を見ているだけで、
私の口角は上がりっぱなし ( ̄▽ ̄)
そして、ますます楽しくなってくる♪


10869871_380452662135631_5468045493658130634_o.jpg



雨や雪で寒くて厳しいはずの散歩が、
こんなに楽しい気分になるのは、なんでだろう?
それは、やっぱりペコが可愛いから ( ̄▽ ̄)
・・・じゃなくてw


ちょうどグッドなタイミングに、
こんな記事を見つけました♪

脳の気持ちになって考えてみてください(ほぼ日刊イトイ新聞より)

<本文より>
「私は脳である」って考えてみてください。
すると、
脳は頭蓋骨の中に閉じ込められていて、
いわば幽閉された、
孤立した存在だっていうことに気づきませんか。
そこは、真っ暗闇なんですよね。
牢屋に入ってるみたいで、なんにも見えなくて、
外界から完全に隔離されてる
ひとりぼっちの世界なんです。
だから、脳それ自体では、
外の世界のことはわからない。


1973710_382378315276399_3790741800300159154_o.jpg



記事の中では、脳科学者の池谷裕二さんが、
ペンを横にして、口をイーッっという状態にして、
マンガを読む実験をしたことが書いてあります。

同じマンガなのに、
ペンを噛んだまま読むのと、
噛まずに読んだのとでは、
そのマンガを感じる面白さが違うんだって!
もちろん、噛んだ状態で読んだ方が面白い。


・・・で、
ペコの歩く姿を見てるだけで、
口角上がりっぱなし。に戻るのですが ( ̄▽ ̄)


私の脳に、口角上がってる♪っていう情報が伝わって、
ますます楽しくなるようなホルモンを出したり、
色んな神経が働いたのかな?なんて考えることは、
とても、面白くて興味深いのです。


それからというもの、
何か嫌なこと、気分が落ち込みそうな時、
意識して口角を上げるようにしていたら、
なんだか調子がいい♪



10841959_380222422158655_8731894054801790519_o.jpg



そんでもって、
そういうの、すぐに犬に結び付けちゃうんだけれどね。


ペコの脳も、
きっと、身体の声を聞いて、
そして、反応しているんだろうな。って。


何かを嗅いだ。
何かを見た。
何かを食べた。

それぞれの状態が、脳に伝わる。


散歩中、リードを緩めてウロウロと匂いを嗅いだり、
通る人、犬を見たり、
私が差し出したおやつを食べたり。


その時、脳は感じ取ってるんだ。



私が口角を上げるように、
犬にだって、自分自身で、気持ちをリセットする術を持ってる。


身体をブルブルっ!とさせたり、
地面の匂いを嗅いだり・・・・


けど、自分でそれができないほど、
何かを集中して見つめすぎてしまったり、
逆に、
何をターゲットにしていいかわからなくなって、
混乱してしまったり、
興奮しすぎて、パニックに陥ってしまったり。



そんな時、
例えば、ガン見しているペコの前を横切って、
視界を遮ったり、
前に立って自動的にオスワリさせたり、
条件づけられた名前を呼んだり、
身体を包み込むように保定したり・・・


10750112_380927832088114_614420922478464902_o.jpg



そんな風に、
私がちょっと手助けすることで、
ペコの脳はその動きや、視覚からの刺激、
耳からの音、身体に触れられるものなどから、
それにふさわしい反応をする。


・・・って思うと、
やっぱり私からの手助けは、
ペコが落ち着けるものであり、
口角を上げるものであり、
パニックから救いだせるものでなくてはならない。




そこで、ふと思ったのです。


私が犬のお勉強をずっとしている、
ドッグスクールでは、
それら全部を、基本的な取り組みとしていたんだよねぇ。



こんな事がありました。


散歩中、人に出会うことが多かった夕んぽ。

最近私は、ペコの身体からでるシグナルを見つつ、
なるべく私から働きかけをしないように、
とにかくシグナルを妨げないように、
リードを緩める。そして、淡々と歩く。を意識しているのですが・・・。

そうすると、
大きく弧を描くように道の反対側へ行ったり、
少し近づきながら匂いをとったり、
色々な様子がわかるようになってきていまして。


そんな風に、自分の力だけでスルーできた時、
ペコが歩きながら必ず私の顔を見るようになった。

まるで、できたよ!って報告してるみたいに♪

そして、それに、すごいじゃん!と応える私。

10923815_381986185315612_7044160394052783097_o.jpg




大丈夫な時があれば、
混乱する時もあります。
そんな時は、前述したように、
条件づけられたアイテムの中から、
その時に合ったものを選び、
少しだけ私が手助けします。


その呼吸?チョイス?が、
ペコの求めているものに、
合ってきたように思う今日この頃。


そしたら、先日、
前から歩いて来る人が、怪しかったのか、それはわからないのだけど、
なんと、ペコが自分から、私の後ろに隠れるように歩いた!!


これって、もしや、
私を頼ってくれてるってことジャマイカ?


毎日ブログを読んで、
そこに書いてあることを続けていたら、
いつのまにか、こうなった。


うーん、
なんていうのかしら。


犬に信頼してもらおう。って思ってるうちは、
信頼って得られないのかもしれないな。


あんなにクールだったペコが、
最近、そばに寄ってくる。

私が首筋を掻くと、
とても気持ちよさそうな顔をするんだよねぇ。
そして、また口角が上がりっぱなしになる私なのです ( ̄▽ ̄)