読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

今、大切なことを教わっています

ペコ父ガーデンのバラ様たち。

今年の春も美しく咲いてくれています♪

f:id:peko0421:20150518203330j:plain

日々色々なことがありますが、

この香りの中にいると、気持ちが落ち着いてきます。

ペコ父に感謝せねば。

 

さて・・・。

 

遡ること、GW。

 

ペコ爺と、ペコ婆が来福しました♪

ガウガウペコさん。どうなることやら?と心配しましたが、

ガウガウは、ほんの初めだけで、

後はなんてことなく、穏やかにいられました♪

f:id:peko0421:20150518203619j:plain

 

ペコさん。

家族全員が留守にする夜のお留守番も頑張りました。

旅館での夕食が終わると、私はひとりで30分かけて家に戻り、

寝る前の夜しっこをすまると、ペコを残し旅館に戻り、

翌朝の早朝、旅館の朝食前にひとりで家に戻り、

朝の散歩を済ませ、ご飯をあげて、旅館に戻る。

ちょっとハードでしたが、ペットホテルに預けるよりも、

ペコにとってはいいんじゃないか?という判断をした次第です。

 

ペコは私の行動から、すべてを感じとっているかのように見えました。

夜、旅館に戻るために、戸締りをし、部屋の電気を消して、

ちょっと待っていてね。おやすみ♪と声をかけると、

しずかにソファに移動して、寝る体勢に入りました。

その姿に胸がキュンとしてしまった私。

たったひと晩のことで、大げさかもしれないけど、

私とペコにとっては、とても大きな経験で、

これが後に繋がるとは、その時は感じていなかったのですが・・・。

 

 

なににつながったのか?って!?

それは、またこんど。なんだってー。

おかーさん、もったいぶってるな!

f:id:peko0421:20150518212900j:plain

 

 

さて、旅館に泊まった翌日は、近場へお出かけしました♪

ペコもお留守番じゃなく、連れて行きましたよ♪

いつもは閑散としている観光地なのに、

さすがにGW、大勢の人がいてびっくり!

ところがペコさん、吠えることもなく、お利口さんでありました♪

 

 なんでここに座らされるのかわかりません!なペコ(笑)

f:id:peko0421:20150518203848j:plain

 

感情の起伏が激しいペコ婆を、

長男が優しくサポートしてくれていて、

ちょっと泣けた(´;ω;`)

f:id:peko0421:20150518203855j:plain

 

ワンコOKのお蕎麦屋さんにも行きましたよ♪

f:id:peko0421:20150518203912j:plain

 

次男とツーショット♪

f:id:peko0421:20150518203919j:plain

 

やっぱり和風な感じが似合う柴犬 ( ̄▽ ̄) 

f:id:peko0421:20150518203915j:plain

 

 

数か月ぶりに会ったペコ婆は、私が想像をしていた以上に、

認知症の症状がかなり進んでいるように感じました。

 

 旅館での色々。は、割愛しますが・・・ ( ̄▽ ̄;)え?

 

 

そんな風に、色々な事を忘れているペコ婆でしたが、

ペコの事だけは覚えていた不思議。

 

「この仔は家に来たことがあるよね?」

「ガウーーーっ!と吠えるから怖いんだよ」

 

以前読んだ本に、この不思議について書かれていたこと、

また思い出したよ。

 

<以下引用>

触れ合っている生きものの「現実」が、
自らの現実性が希薄になり、過去のある時代が現実になってしまっている人たちを、
再び今の現実の関係性の中につなぎとめる。

 

名医ジャスティン 奇跡を起こすセラピードッグ (介護ライブラリー)

名医ジャスティン 奇跡を起こすセラピードッグ (介護ライブラリー)

 

 

ペコの現実と、ペコ婆の現実が、繋がったんだね。

 

ぼく、いいしごとしてます♪ペコ

f:id:peko0421:20150518214545j:plain

 

 

 

 

そんなわけで、

症状がすすんでいるペコ婆と、介護をしているペコ爺。

二人の今後の暮らしがより良いものになるように、

この週末、名古屋の実家に帰ってケアマネージャーさんと面談してきました♪

 

 

ケアマネ―ジャーさんとは、今後もFAXでやりとりしていく予定です。

ほんの少しだけど、前に進むことができて、私も気持ちが楽になりました。

 

 

ペコ婆は、私のことを娘だとわからなくて。

でも、なんだかよく知ってる人。と思っているようで、

夕方になると

「家に帰りたい。〇〇ちゃん、私の家、どこか知ってる?」と聞きました。

 

 

そうか。帰りたくなるんだね。
 

 

自分の居場所は別にある。

ここは、私の家じゃない。

帰りたい。

あなたは誰?

ここはどこ?

私は何者?

 

 

それって、どんなに不安な気持ちだろう。

 

 

ペコ婆の色々な行動。

周囲の人には理解できない行動や発言が沢山あります。

介護しているペコ爺の事を大変ねぇ。と、

皆が口を揃えてねぎらいの言葉を下さいます。

 

 確かにそう。

 

けど・・・。

 

まるでお荷物になってしまったようなペコ婆ですが、

ペコ爺が癌で手術した時、献身的に支えていたのはペコ婆。

私や、兄が学生の頃、お金が沢山かかった頃には、

パートを掛け持ちして、家計を助けていたのはペコ婆。

 

 

そういう事って、今更ジローに気づくこと。なんだよね。

 

 

f:id:peko0421:20150518220631j:plain

 

私には理解できない、ペコ婆の色んな行動。

どうしたら止められるか?どうしたら変えられるか?

ついそんなことを考えてしまった私ですが、

帰りの電車の中で、思いました。

 

 

ペコ婆の何か。がそうさせているんだろうけれど、

それを変えようとしなくてもいいんジャマイカ?

何がそうさせているのか、を、無理に知ろうとしなくても、

全部ひっくるめて丸ごとが今のペコ婆なんだからね。

 

 

f:id:peko0421:20150518220703j:plain

 

不安な気持ちが落ち着けるのなら、

ペコ婆が自分で編み出した、その行動をすればいい。

私はいつもそれに笑顔で応え、そして見守りたい。

 

 

f:id:peko0421:20150518220728j:plain

 

 

この歳になって、大切なこと。

年老いた親と、身近な家族、そして犬から教わっています。