読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

苦手の先にあったのは・・・

日に日に寒くなってくるペコ地方。

それに比例して、元気が増してくるペコさんです ( ̄▽ ̄) 

 

まるで若犬のように(まだ若いけどねw)グングン走るので、

ゼイゼイしながら、私も一緒に走ります(笑)

走れるうちに、いっぱい走ろう!!

 

f:id:peko0421:20151121203111j:plain

 

 

・・・あ。それは私自身にも言えることだ ( ̄▽ ̄) 

頑張れ私 ( ̄▽ ̄) 

 

 

そんな元気印なペコさん。

いきつけの芝生広場でも、北風ピューピュー寒い中、

あちこち散策して、クンクン匂いを嗅いで、

それから、お約束のおやつ探しなどして長々と過ごします。

 

くんくん。

f:id:peko0421:20151121203130j:plain

 

 

きりだってへっちゃら!

f:id:peko0421:20151121203208j:plain

 

 

はしるだわん!

f:id:peko0421:20151121203149j:plain

 

 

えとー、ペコさん?寒いし、もう十分でしょ?( ̄▽ ̄;)

 

 

まだまだーーっ!!

 f:id:peko0421:20151121203224j:plain

 

この広場。

ずーっと苦手な広場でした。

苦手なくせに、行きたがっていたのよねぇ。不思議です。

それがいつしか、帰りたくないくらい大好きな場所になったよ。

これまた不思議。

 

 

芝生の広場が好きになる過程は。はコチラ ( ̄▽ ̄) 

peko0421.hatenablog.com

 

 

当時はこの広場がペコにとっては大きすぎる刺激で、

それは、バーン!と目の前に開けた広い場所。ってことと、

苦手なチビッ子が多いから・・・くらいにしか思えなかったのだけど、

この頃のペコの様子を見てると、

あぁ、匂い・・・。

きっと強烈な犬臭が漂っていたことが、大きかったんだなぁ。って思います。

 

 

だからこそ、苦手だけど、行きたくて、

克服した今では、大好きな場所になったんだなぁ。

 

 

嗅覚って、五感の中で唯一、

脳に伝わる神経回路のルートが違うんですってね。

 

脳の中でも古い脳と言われる辺縁系に直結しているらしいのです。

辺縁系っていうのは、海馬(記憶)とか扁桃体(情動)のことなのだけど・・・

 

 

2年前に書いたのだけど、

その時、嗅覚のそれは知らなかった( ̄▽ ̄;)

 

peko0421.hatenablog.com

 

人よりすぐれた嗅覚を持つ犬だものねぇ。

その刺激たるや、いかほどのものでしょう。

それが記憶や情動を司る脳の部分に直結してるってんだもの。

何も見えない、何もしてないのに、いきなりパニックになる。

というのも、うなずけることだよな。うん。

 

 

 

 さんぽ!さんぽ!たのしいな!

f:id:peko0421:20151121203607j:plain

 

 

あ!きになるにおいっ!!

f:id:peko0421:20151121203830j:plain

こうやって急にターンするよね ( ̄▽ ̄) 

 

 

 

そっかぁ。

視覚刺激は犬の視界を遮ることもできるけれど、

嗅覚刺激は犬の鼻つまむわけにいかないもんね ( ̄▽ ̄) え?

だから、コツコツと快刺激をぶつけて、

上書きするっきゃない!のだね!ヽ(゚∀゚)ノ 

 

 

こういうこと、少し知るだけでも、

犬の感覚を想像して、思いやることはできそうだよねぇ。

 

 

あ、そうだ。

ムツさんの本にも書いてあった、

ライバル犬に会って心拍数がMAXになった犬に、

仔犬の匂いのついた毛布を嗅がせたら、

一気に心拍が下がって落ち着いた。ってのあったねー!

仔犬の匂いは懐かしい匂い。心地よい匂いなのかなぁ(*´∀`*)

 

 

色んなことが繋がってくると、ますます面白い!!(*´∀`*)