読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

アゲハの道と、犬の匂い嗅ぎ

朝ご飯が済むと、庭へ出て、

ペコ父と次男を見送るのが日課になっているペコさん。

今朝の庭は、上空をカラスの集団が鳴きながら飛びかっていたせいか、

なんだかソワソワしていました。

f:id:peko0421:20160223184642j:plain

 

 

 

ソワソワが止まらず、こんなところに潜ってみたり ( ̄▽ ̄) 

f:id:peko0421:20160223184703j:plain

 

 

カラスも、犬も、何かしらを感じとっていたのかしら。

私には、さっぱり感じられない何かを。

 

 

www.amazon.co.jp

 

 

日高先生の本に、アゲハチョウの道。について書いてあったので、

覚書風味に残しておこうと思います。

 

 

またまたフリー素材からお借りしてきましたよ♪

アゲハと言えば、ナミアゲハ

っていうか、このアゲハがナミアゲハという名前だったこと、

今まで知らなかった・・・( ̄▽ ̄;)

もう知らなかったことばっかりだよ( ̄▽ ̄;)

f:id:peko0421:20160223185425j:plain

 

 

ナミアゲハは、必ず決まったところを飛ぶんですって。

 

それは、日の当たっている木の梢。

 

もしも道の両側に木が生えていたら、必ず日が当たっている方を飛びます。

なので、右側の木に日が当たっていたら、ずーーーーっと右側の木に沿って飛ぶ。

 

 

日当たりが変わって、左側の木に日が当たるようになると、

アゲハは道を横断して、左の木に移動し、

そしてそれに沿って飛ぶんだって。

 

 

 

そうやって、アゲハは、ミカン系の木を探して飛びつづけるのです。 

f:id:peko0421:20160223190443j:plain

 

なぜなら、ミカン系の木には、

サナギから生まれたばかりの新しいメスがいる可能性が高いから。

メスに出会うために、日の当たる木に沿ってアゲハは飛ぶのです。

 

 

動物の行動は、自分の遺伝子残すための行動だ。と書かれています。

それは、そもそも遺伝子にプログラミングされているので、

遺伝子がその個体を操作している。と。

 

 

それゆえ、

アゲハが見ている、構築している世界では、

日の当たっている気の梢が最も重要なものであって、

アゲハにとっては、それしか見えていない。と言っても、

過言ではないくらいなんだって!

 

 

まぁ、お腹も空くだろうから、そんな時は、

花が見えてくる。みたいな ( ̄▽ ̄) 

 

 

 

サラダバーをしている時のペコは、草しか見えてないのかも?( ̄▽ ̄;)

f:id:peko0421:20160223203723j:plain

 

 

犬の匂い嗅ぎ。

 

 

このアゲハの道に似ているなぁ。って思いました。

 

 

 

同族の匂いを探し求め、匂いに沿って歩く犬たち。

その時、犬が構築している世界の中で最も重要なものは、

電柱であり、草むらであり、地面であり・・・

f:id:peko0421:20160223204945j:plain

 

 

犬の匂い嗅ぎ。は、犬が情報を得るものである。

人が新聞や本を読み、ネットをするのと同じように。

 

 

そんな風に解説されているのをよく見るけれど、

アゲハの道を知った今の私には、

 

犬にとっての匂い嗅ぎって、

犬が生きる事。生きる意味。に等しいくらいの、

大切なものだったんじゃないかな?って思うのです。