読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコさんくれろ

育犬日記@黒柴ペコ

興奮して何が悪い!?

休日のお散歩でペコ父が撮影しました。
可愛いので、採用!(笑)

とってもクールなペコですが、
最近は、一応、家族が帰宅すると、
尻尾を振って出迎えてくれるようになりました。

その尻尾の振り方も、ブンブン♪ではなく、
かな〜り控えめなんですけれど^^;

控えめながらも、ペコなりの感情表現をしてくれることが、
嬉しくてなりません。

ワンコもそれぞれで、その感情表現は、
犬種や性格の違いが大きいんだと思います。

家の中では、寝たり、ぼんやりしていることが多いペコですが、
お散歩では楽しそうに歩きます。

・・・でも、それだけじゃ物足りない。
やっぱりペコにもっと「嬉しい♪」「楽しい♪」を感じてほしい。
落ち着くにはまだ早いよ。ペコちゃん!

ペコは車に乗るのが大好き♪らしく、
「ブーブー乗って行くよ!」の言葉で、
目がキラキラ輝きます。

たとえその行き先が病院であっても、
「ブーブーに乗る」ことがペコにとっては、
とても「嬉しい♪」ことのようです。

ブーブー以外にも、もっとキラキラする嬉しいことを見つけたい。

飼い主と一緒に遊ぶことも、楽しいになってくれないかなぁ〜。
そんなわけで、「ペコのツボ探し」をしている今日この頃。

まず、宝探し的な遊びは大好きです。
これは以前からあった「ツボ」のひとつ。

引っ張りっこはイマイチです。
でも色々試しているうちに、「引っ張りすぎない引っ張りっこ」なら、
なんとなく楽しんでくれるような・・・。

まだまだこれから色々試行錯誤しながら、
ペコの「ツボ」を探そうと思います^^

そうそう。
その「ツボ」探しも、タイミングが重要でして・・・。

誘っても、こんな風に横を向くとき・・・
そんな気分じゃないんでしょうね^^;
DSC_0572-1.jpg

夜んぽから帰った後が、一番ノッてくれるので、
その時間に遊ぶことが多いのですが、
ひとしきり遊ぶと、ペコは「楽しい♪」が興奮に変わっていきます。

近くにあるクッションや、座布団と格闘し始めるのですが、
格闘しているペコの近くにいると、転移的に噛みが出て、
ターゲットが私になることがあります。

楽しんでいる興奮なのか、我を忘れてしまった興奮なのか、
それはペコの様子を見ればわかります。

なので、「噛み」が出る前の「楽しい興奮」の状態でストップし、
なおかつ欲求を満たしてあげるにはどうしたらいいのか・・・。



わざわざ遊びに誘わなきゃ、噛まれないんですよ。
でも、それでは「嫌」なんです。



「噛み」で悩んで渦中にいる方、
犬をとにかく「おとなしく」させたいと思っている方には、
とんでもないことだと思いますが・・・。


あくまでも、これは私の想いであって、
これまで取り組んできた、
今のペコ家だからこそ「できる」ことだと思います。


・・・って大きなことを言ってますが^^;


犬と向き合う。
身体でぶつかる。


今ならできそうな気がするんです。